TOP > 沿革

沿革

2001年
外断熱の普及を目指すメンバーが集まり、「外断熱を広めていくためには、特定の企業・工法に偏らないNPOのような組織が必要だ」
という議論のもとに、法人化への歩みが始まった。

2002年9月
最初の活動として「第一回スウェーデン・ドイツ建築物理と外断熱の旅」が実施された。

2002年12月
この時のメンバーが発起人となり、NPO外断熱推進会議法人化設立準備委員会を発足。挨拶に立った発起人代表の宮坂幸伸(現専務理事)は
「環境、エネルギー、住宅など複数の行政政策に関連する政策の決定にあたって『縦割り』といわれる行政組織は迅速・適切な対応能力を持っていない。
このような課題こそNPOの活動が必要とされる。外断熱推進会議は、省エネ・高耐久で、環境に優しく、住む人の健康にも良い、
建築物理学に裏打ちされた理想的な住まいが日本にも定着するよう活動を進めたい」と、その決意を表明。

2003年1月
NPO外断熱推進会議法人化設立総会を開催。

2003年3月
「設立認証申請書」を内閣府へ提出。

2003年10月24日
法人として設立認証、11月7日に登記完了。正式に特定非営利活動法人として活動を開始。